2012年06月18日

New Comer

シーズン前のキャンプもほぼ終了となっていますが、今季の新戦力を紹介します。
今季はOffenceのスキルメンバーの新顔が目立ちます。

まずは、Vincent JacksonとDallas Clarkのレシーバー陣。
JacksonはChargersからの移籍、また、ClarkはColtsからの移籍です。
Josh Freemanのターゲットとして、実績のある2人の加入は嬉しいですね。TEのWinslowは抜けましたが、Payton ManningのメインターゲットだったClarkには期待してしまいます。

また、RBもルーキーのDoug Martinが加入です。なかなか高評価のようで期待が持てます。
GuardにはCarl Nicksが加わりました。Saintsでは、オールプロにも選出されたプレーヤーですから、ラン攻撃が改善するでしょう。
昨季は、一試合平均の得点が18点と低迷したoffenceですが、これらの新加入の影響が良い方向に向かって、一気に高得点チームに変貌して欲しいですね。


Reebok ONLINE SHOP
posted by bucsfan at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Offense | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月20日

次週Saints戦はBall Control

次週は地元に全勝のSaintsを迎えます。強力なOffenseに対抗するには、自身のOffenseでBall Controlを行い、相手にBallを渡さないことと、Jeremy Truebloodが語っています。
今季パス獲得yds1位のDrew BreesにOffenseの機会を与えれば、あっという間に得点の可能性があるからです。大量失点を防ぎ、接戦に持ち込みたいところです。
Defenseにも自信を持てないということから、4thDownのギャンブルは14回とリーグトップです(成功は7回)。Saints戦もギャンブルがあると思われます。
とはいえ、BucsのOffenseはリーグでも下位であり、Run攻撃も進んでいないので、言うは易しという感じで、苦戦しそうですね。



FUJIFILMネットプリントサービス

大丸がオススメする季節の情報をご紹介
大丸のおせち_468-60
posted by bucsfan at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Offense | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月29日

次はChiefs戦!

Run攻撃がリーグ9位、エースWRのJoey Gallowayが故障という状況にも関わらず、BuccaneersのPass攻撃は、Passの回数でSaintsと並んでリーグ最高となっています。
Brian Grieseが投げまくった試合が確かにありましたが、それにしても多いですね。また、あまり成功している感じではないですね。
一方、今週は、Run守備がずたずたのChiefs戦です。平均5.6ydsを許して、、14TDを奪われています。はっきりいってチャンスですね。
ここまで498ydsを記録したEarnest Grahamですが、さらに記録を伸ばすチャンスです。
今週こそは、自慢のRun攻撃で主導権を握って、強力DefenseでChiefsをねじ伏せたいですね。



激動の今だから
株なびに登録!!



↑Fantasy Sports Girl: Training Camp Preview - Chiefs

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

posted by bucsfan at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Offense | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年07月28日

今季の戦力は?Offense編

キャンプに入ったところで今季の戦力をプレビューしてみます。今日はOffenseです。

 先発QBは、Jeff Garciaです。昨季も見事な実績を残しましたが、33歳の年齢が気になります。
 控えはLuke McCownですが、Brian Grieseも2番手を狙っており、ドラフトでJosh Johnsonを獲得しました。控えのロースター争いも熾烈です。さらに、Chris Simmsの動向も気になるところですが、ロースターに影響は無いでしょう。
 
 RBは昨季エースとなったEarnest Grahamが先発候補ですが、トレードでWarrick Dunnが加入し、怪我から復帰の元エースCarnell Williamsもいます。Williamsの復帰は遅れるかもしれませんが、駒は揃っていますので、どのような起用になるか楽しみですね。

 WR はJoey GallowayとIke Hilliardのベテランコンビです。実績は文句無いものの年齢的なものが不安です。控えも、Michael Clayton、Maurice Stovall、Dexter Jackson、Antonio Bryantと、ここも駒は揃っています。

 TEは先発のAlex Smithに、Ben Troupe、John Gilmore、Jerramy Stevensが競争を挑む構図です。

 OLは06年の最低ラインから、昨季はRun攻撃が改善しています。さらにJeff Faineが加入して、Pass攻撃も改善すると思われます。

 こうしてみると、Offenseのスキルポジションには人材が豊富(余剰?)ですね。言い換えるならば、どのポジションも競争が激しくなりレベルアップがはかれ、かつ、故障にも対応できるので、今年のOffenseには期待できます。
 これでRun攻撃が進んでくれるとGarciaのPassも生きてくるので、鍵はRBとOLになりそうですね。

↓You Tubeより、07年のTop10 Playsです。






posted by bucsfan at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Offense | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。